兵庫県伊丹市宮ノ前1丁目4-8 みやのまち3号館1階
白内障・網膜硝子体・緑内障・涙道・斜視の日帰り手術専門クリニック
MIYANOMAE EYE CLINIC pc_image
MIYANOMAE EYE CLINIC tb_image
巨大乳頭結膜炎 | 伊丹市の眼科|宮の前眼科|白内障手術・硝子体手術・斜視手術

巨大乳頭結膜炎

home > ブログ > 病気の説明
2018/05/13担当:山本 洋子
393

新入学や入社をきっかけにコンタクトレンズを始める方が増えるこの季節に因んで、コンタクトレンズのアレルギーについての話題です。

正確には、レンズのアレルギーというより、レンズに付着した分泌物や花粉等に対するアレルギーの方が多いわけですが、花粉症等とは違い、あまり強いかゆみや充血はなく めやにやゴロゴロ感 痛みなどの不快感が前面にでます。

進んできますと、レンズがうまく目に収まらず瞬きの度に上に上がってしまいずれやすくなります。

目ヤニも多いので、視界が妨げられすぐに外したくなります。

コンタクトを中止して、点眼薬を使うことで治癒することが殆どですが、大抵の方はコンタクトを再開しますので再発が多いです。

再発させないためには、極力短時間装用にすること できる限りワンデイを使用すること 2ウイーク等の洗浄が必要なレンズを使う場合はケースも含め徹底的にきれいにすること 何より治療を中途半端にせず思い切って1か月ほど装用を中止・点眼治療に専念すること  です。

重症化するほど軽快するのに時間がかかります。