兵庫県伊丹市宮ノ前1丁目4-8 みやのまち3号館1階
白内障・網膜硝子体・緑内障・涙道・斜視の日帰り手術専門クリニック
MIYANOMAE EYE CLINIC pc_image
MIYANOMAE EYE CLINIC tb_image
糖尿病と目のはなし〜Part 1 | 伊丹市の眼科|宮の前眼科|白内障手術・硝子体手術・斜視手術

糖尿病と目のはなし〜Part 1

home > ブログ > 病気の説明
2018/05/26担当:野宗研志
394

今回からはしばらく糖尿病と目の病気の話について解説しようかと思います。糖尿病は血糖値が上昇することによって全身に様々な障害を引き起こす病気です。現在、日本における糖尿病の患者数は1000万人を超えるとも言われており、これは実に国民の約10人に1人が糖尿病ということになります。そして怖いことに自覚症状がなかなか出にくい病気のため、もし全身の臓器に明らかな障害をきたした時には既にかなり進行した状態となっていることもあります。ですから、何も症状がなくても人間ドックなど定期的に健診を受けることをお勧めします。

そしてこれは「目」にも言えることです。糖尿病によって障害を受けやすい臓器の代表的なものの一つに目があります。一般的には糖尿病になって約5年以上経過して目に合併症が出てきますので、糖尿病にかかってすぐに目に来ることはまずありません。しかしながら初期には目の症状も全くと言っていい程出ないことがほとんどですから、もし糖尿病と診断されたらもちろん眼科を必ず受診してもらうことが非常に大切になります。次回からはより細かく解説したいと思います。