兵庫県伊丹市宮ノ前1丁目4-8 みやのまち3号館1階
白内障・網膜硝子体・緑内障・涙道・斜視の日帰り手術専門クリニック
MIYANOMAE EYE CLINIC pc_image
MIYANOMAE EYE CLINIC tb_image
疾患別よくある質問 #3 くりかえす硝子体出血 | 伊丹市の眼科|宮の前眼科|白内障手術・硝子体手術・斜視手術

疾患別よくある質問 #3 くりかえす硝子体出血

home > ブログ > 病気の説明
2018/05/11担当:鄭 守
392

Q 糖尿病網膜症でくりかえし硝子体出血が起こり、半年前から様子を見て血がひくのを待っていますが問題ないでしょうか。超音波検査では網膜剥離は起こっていないと言われています。

A 半年前からのくりかえす硝子体出血なので、出血がある程度吸収されても、硝子体混濁のためにレーザーを十分に施行することは困難である可能性が高く、レーザーが不十分であると再度出血する確率が高いでしょう。現在は超音波検査にて網膜剥離が起こっていないとのことですが、レーザーを施行できずに虚血の状態が長引くと新生血管が成長して牽引性の網膜剥離に進展するか、血管新生緑内障になる可能性もありますので、硝子体手術を施行し、出血の除去およびレーザー施行を同時に行うことが望ましいでしょう。