兵庫県伊丹市宮ノ前1丁目4-8 みやのまち3号館1階
白内障・網膜硝子体・緑内障・涙道・斜視の日帰り手術専門クリニック
診療曜日・時間
午前9時~12時
午後13時~
午後15時~19時

手術 ※日,祝,土曜日午後は休診となります。

MIYANOMAE EYE CLINIC pc_image
MIYANOMAE EYE CLINIC tb_image
眼底の病気 | カテゴリー | ページ2 | ブログ | 伊丹市の眼科|宮の前眼科|白内障手術・硝子体手術・斜視手術

当院の医師達が目に関するお役立ち情報や新着情報を発信しています。

home > ブログ > 病気 > 眼底の病気

疾患別よくある質問♯8 糖尿病網膜症 繰り返す硝子体出血

421

Q 糖尿病網膜症のために約2ヶ月に1回の間隔で硝子体出血を繰り返しており、


糖尿病と目のはなし〜Part 3

412

今回は「糖尿病網膜症」のお話になります。前回少し説明しましたが、糖尿病に伴って網膜に異常をきたしたものが網膜症と呼ばれます。網膜血管が糖尿病によって障害されると、まず点状出血と言ってごく小さな出血班が出たり、硬性白斑と呼ばれる蛋白質や脂肪分が血管からしみ出たりしてきます。初期のも


糖尿病と目のはなし〜Part 2

406

今回はさらに糖尿病の目の合併症について詳しく述べてゆきたいと思います。糖尿病は血糖値が高くなることによって色々と身体に障害を及ぼす病気であることは皆さんある程度ご存知のことかと思います。通常、食事をしたら血糖値は上がりますが、膵臓で作られるインスリンというホルモンの働きによって血


糖尿病と目

398

糖尿病と目はとても深い関係があります。 糖尿病であることが、眼科で初めて診断されるということもたまにありますが、圧倒的には内科で診断されて来院ということがほとんどです。 最近は、患者さんも病気のことをよく知っていて自発的に検診に来られる方も多くなり早期発見につなげることができてい


疾患別よくある質問 #4 黄斑上膜・前膜

396

Q 会社の定期健康診断で眼底検査の結果、2年連続で「右眼黄斑前膜の疑い」(要精密検査)と指摘されました。


飛蚊症(ひぶんしょう)

2017/12/08担当 : 前沢 義典
318

飛蚊症   野宗先生のつぶやきに登場しました、飛蚊症についてのお話しです。虫やごみのようなものが飛んで見える、浮いて見える、といった症状を総じて、飛蚊症といいます。原因の多くは、目の中にある硝子体というゼリー状の部分のにごりやその影で、病気ではありません。子供の硝子体は、新鮮な生


生理的後部硝子体剥離

2017/06/15担当 : 山本 洋子
229

先日 5月の連休明けぐらいに私自身が経験したことです。左目に微かに視力の低下を感じ、本を読んでいると、少し左目だけ文字が歪んでいる気がしたのです。アムスラーチャートという歪みを調べる検査をしてみますと、確かに左だけ中心が少し歪みます。早速看護師さんにOCTを撮ってもらうと、まさに


網膜剥離

2017/05/28担当 : 山本 洋子
221

野宗先生が網膜剥離についての解説をわかりやすくしてくださっていますが、外来に剥離の患者さんが受診したときの流れを説明したいと思います。網膜剥離と網膜剥離裂孔というのは、事態の深刻さが違います。裂孔の場合はまだ本格的に剥がれていないため、レーザーで裂孔の周囲を焼き固めることで食い止


網膜剥離について〜Part 4

2017/05/19担当 : 野宗研志
219

さて今回は網膜剥離の治療法についてお話したいと思います。一般的に、治療法には大きく分けて二つあります。すなわち「レーザー治療」と「手術」です。簡単に言うと軽症の場合にはレーザー、重症の場合には手術を選択することになります。まずはレーザー治療についてですが、これは網膜剥離の範囲が狭


網膜剥離について〜Part3

2017/05/05担当 : 野宗研志
212

さて今回は網膜剥離の症状についてお話したいと思います。前回のブログで説明しましたが、網膜剥離が起こるにはまず「網膜裂孔」の発生というものがあります。この網膜裂孔が発生する時、最もよく起こる症状に「飛蚊症」があります。「飛蚊症」とは小さい黒っぽい影が視界に見える症状のことで、あたか