兵庫県伊丹市宮ノ前1丁目4-8 みやのまち3号館1階
白内障・網膜硝子体・緑内障・涙道・斜視の日帰り手術専門クリニック
診療曜日・時間
午前9時~12時
午後13時~
午後15時~19時

手術 ※日,祝,土曜日午後は休診となります。

MIYANOMAE EYE CLINIC pc_image
MIYANOMAE EYE CLINIC tb_image
インフルエンザ2020流行の考察 | 伊丹市の眼科|宮の前眼科|白内障手術・硝子体手術・斜視手術

インフルエンザ2020流行の考察

home > ブログ > 病気 > その他の病気
2020/10/18担当:山本 洋子
684

インフルエンザ罹患者数は、全国の約5000の定点医療機関から報告される人数が公表され、例年第36週(8/31~9/6)ごろから開幕となります。

 

今年は、現在までのところ全国的に静かで、第36週から40週まで0人と報告されています。

 

ただ、兵庫県医師会からは、毎週週報が医療機関に届けられ、それにはさらに詳細な数字がでますが、それによりますと、37週には全国で4名 38週にも同様に全国からの報告で4名だったということです。

 

去年の同時期は、37週5738人 38週5716人ということですから、今年は桁違いに少ないことがわかります。

 

去年がやや多かったとも言えますが、例年の数は数百人から千人程度ということですから、やはり少ないことは確かなようです。

 

日本の夏は、南半球では冬に当たりますから、今年の流行がどうだったかをWHOが報告していますが、やはり南半球を含め、全世界的に流行は散発的か、ほとんど発生していないようです。

 

またインフルエンザ以外に、夏に流行するウイルスによる夏風邪(手足口病 ヘルパンギーナ プール熱等)も国内において、ほとんど流行しませんでした。

 

ウイルス感染が減少した一番の理由は、国民のほとんどが、うがい 手洗い マスクを励行したこと。

 

そして感染症学会ではよく知られていることだそうですが、ウイルス干渉という現象によることも考えられるそうです。

 

ウイルス干渉とは、先にあるウイルスが流行していると、他のウイルスの感染が抑制される現象のことで、先にあるウイルスが生物に感染するとレセプターが占領されてしまい、他のウイルスが吸着できなくなるからだそうです。

 

既に、2016年にイエール大学から論文がでていますが、今年のCOVID-19 感染下でのインフルエンザの流行の有無というのは、良い研究のチャンスになるといわれています。

 

イエール大学の研究は、通年流行のライノウイルス感染症が、1~2月のインフルエンザ流行気には、減少することに着目して始められ、2種類の感染症の同時発生は、理論値の20%ほどに抑えられたということです。

 

このCOVID-19 という歓迎されざるウイルスが大流行になってしまったからには、そこから何かの新たな発見があり、医学の発展に結びついてほしものだと思います。

 

そして、恐れすぎず、油断しすぎず、落ち着いて日々送りたいですね。