兵庫県伊丹市宮ノ前1丁目4-8 みやのまち3号館1階
白内障・網膜硝子体・緑内障・涙道・斜視の日帰り手術専門クリニック
MIYANOMAE EYE CLINIC pc_image
MIYANOMAE EYE CLINIC tb_image
待降節 | 伊丹市の宮の前眼科 目指すは愛ある高度医療 | 日帰り白内障手術・硝子体手術対応

待降節

home > ブログ > 雑感
2017/12/21担当:山本 洋子
325

クリスマス前のこの時期、カトリック教会では待降節と呼んでとても大切にしています。

イメージとしては、出産を控えた人や家族が赤ちゃんを心待ちにしてうれしい気持ちに加えて、新しい命を迎えることへのちょっとした不安と厳粛さが混ざり合ったムード。

以前は、甘いものを控えたり、お酒を控えたり何か自分の好物をお捧げする期間という認識が普通でした。

今は、カトリック信者でもそういうしきたりは薄れてきていますが、我が家では健康増進のためにも?嗜好品を控える習慣は守っています。

お捧げ期間は、イースター前にもあるのですが、子供たちの誕生日がどちらにもかぶるため不評な時期もありました。

が、今は当たり前のように受け入れています。

"我慢の後には、喜びが大きい" ということが身に染みたとしたら、これは意外とよい教育になったのかもしれないと思います。