兵庫県伊丹市宮ノ前1丁目4-8 みやのまち3号館1階
白内障・網膜硝子体・緑内障・涙道・斜視の日帰り手術専門クリニック
MIYANOMAE EYE CLINIC pc_image
MIYANOMAE EYE CLINIC tb_image
ムコスタ点眼 | 伊丹市の眼科|宮の前眼科|白内障手術・硝子体手術・斜視手術

ムコスタ点眼

home > ブログ > 病気の説明
2018/06/10担当:山本 洋子
407

昨夕から急にドライアイになって、目がパサパサ・ゴロゴロしてきました。

 

外観は充血もなくいつもどおりですが、自覚症状が前面にでています。

 

普段ほとんど点眼はしないのですが、ムコスタ点眼が残っていましたので、かなり集中的にさしたところ今朝はほとんど症状はおさまっています。

 

ムコスタ点眼は、一本使いきりサイズで添加物が入っていないので安心して使えますが、白濁懸濁液ですから点眼後は少し曇ることと、点眼後喉の奥に少し苦みをかんじることが玉にきずです。

 

一日4回点眼で、添付文書を見ますと、4回厳守のように書いてあります。

 

一般にドライアイは慢性疾患ですから常用することが多いので、その場合はやはり回数を守った方が良いですが、今回の私の場合は急になったので、かなり頻回にさしてみました。

 

なぜ急にドライアイになったかは、コンピューターを見すぎたからだと思います。

 

紙媒体が好きな私はスマホやコンピューターを見ることは人並み以下と思いますが、昨日は調べものをしたくてかなり長時間みつめていたのでこれが良くなかったのかもしれません。

 

皆さんもお気を付けください。