兵庫県伊丹市宮ノ前1丁目4-8 みやのまち3号館1階
白内障・網膜硝子体・緑内障・涙道・斜視の日帰り手術専門クリニック
MIYANOMAE EYE CLINIC pc_image
MIYANOMAE EYE CLINIC tb_image

医師の紹介|宮の前眼科ホームページ

日帰り手術、病気に関するメール相談は専門医にお気軽にお問い合わせください。

山本 洋子

役職

総括責任者/院長・理事長

山本 洋子ブログ

(やまもと ひろこ)

〈所属学会〉

カトリック医師会/眼感染症学会/涙器・涙道学会/コンタクトレンズ学会

日本眼科学会認定専門医

メールアドレス

yamamoto@eye-itami.jp

経歴

昭和51年:神戸女学院高等部卒業

昭和58年:大阪医科大学卒業

昭和58年:神戸市立中央市民病院 内科研修医

昭和59年:慶応大学眼科研修医

昭和61年:社会保険埼玉中央病院

(現JCHO 埼玉メディカルセンター)眼科医員

平成1年:慶応大学眼科専攻医修了

平成1年:社会保険埼玉中央病院

(現JCHO埼玉メディカルセンター) 医長

平成10年:伊丹市昆陽にて山本眼科開業

平成17年:医療法人社団 ベタニア会 山本眼科

平成24年:現在地に移転

医療法人社団 ベタニア会 宮の前眼科として開業

メッセージ

当院は『高度医療の実践』を目指します。

しかし、実際の疾病の殆どは困難な治療を要するものでは無く、早めの受診で直ぐに軽快するものです。

たとえば、いつまでも充血が取れない。眼が疲れたりかすんだりする。眼の中に黒い点が見える。糖尿病と言われたので眼に悪い変化が出ていないか心配。など、それぞれの患者さんの病気や悩みに応じた最適な治療法を考えていきます。まずは御相談ください。

また、患者さんが言葉に出来ない眼の悩みについては、当院の最高責任者として、どの先生に相談するのが最適かアドバイスさせて頂きます。安心して御来院ください。

鄭 守

専門分野

網膜硝子体手術/白内障手術

鄭 守ブログ

(てい まもる)ブログ

医学博士

日本眼科学会認定眼科専門医

メールアドレス

tei@eye-itami.jp

経歴

昭和61年: 洛星高等学校卒業

平成5年: 慶応義塾大学医学部卒業

平成5~7年:慶応義塾大学眼科

平成8~19年:京都府立医科大学病院眼科

平成8~10年:ハーバード大学スケペンス眼研究所研究員

平成11年:医学博士取得

平成19年~:横浜相鉄ビル眼科、西伊豆眼科、東海眼科、琵琶湖大橋病院、森井眼科、烏丸眼科、他勤務

メッセージ

“目指すのは「納得の医療」”

網膜硝子体の病気には、糖尿病網膜症、網膜剥離、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性、黄斑上膜、黄斑円孔、などの視力低下や失明につながる重い病気がたくさんありますが、検査や治療法が進歩して、以前よりもいい結果が得られるようになってきました。

眼の病気(特に網膜硝子体疾患)に関して、受けた検査・説明を理解して、希望する治療を受け、結果に納得するための相談をしましょう。そのうえで、まだできることはないか、一緒に考えていきましょう。ご質問があれば、メールでも遠慮なくご相談ください。

野宗 研志

専門分野

白内障手術/眼瞼・涙道手術/網膜硝子体手術

野宗 研志ブログ

(のそう けんじ)

日本眼科学会認定眼科専門医

メールアドレス

nosou@eye-itami.jp

経歴

昭和50年 広島生まれ

平成13年:京都府立医科大学医学部卒業

平成13〜14年:京都府立医科大学眼科

平成14〜15年:町田病院眼科

平成15〜17年:京丹後市立久美浜病院眼科

平成17〜18年:京都府立医科大学眼眼科

平成18〜20年:京都市立病院眼科

平成20年~:大阪府済生会中津病院眼科

(平成24年~ 大阪府済生会中津病院 眼科部長)

メッセージ

目指すのは『丁寧な医療』

正しい診断・治療は当然のことですが、できる限り患者様の目線に立って共感し、心の通った医療を目指します。

病気には当然重い病気、そして軽い病気がありますが、どんな病気であっても患者様ひとりひとり悩んで受診されることに何ら変わりはありません。

そういったすべての病気の患者様に対して丁寧な説明・治療を心掛け、当院を受診して良かったと心から想っていただけるような医療をお届けできれば嬉しく思います。

また白内障ほか多岐に渡る手術も手掛けており、確かな技術で安心した医療を提供して参ります

前沢 義典

専門分野

近視手術/斜視手術/白内障手術

前沢 義典ブログ

(まえざわ よしのり)

日本眼科学会認定眼科専門医

メールアドレス

maezawa@eye-itami.jp

経歴

平成14年:日本大学卒業

平成14年~:京都府立医科大学眼科

メッセージ

専門は斜視弱視などの小児眼科と、レーシックなど近視矯正手術です。子供の「近視」は進行予防が大切です。お子さんが目を細めてテレビを見ている、近視が進んでいて心配だ、という方は、最新の研究結果をもとにできる限りのアドバイスをしますので、お子さんと一緒にご来院ください。

斜視については小児の病気という印象が強いかもしれませんが、成人でも多くの方がひどい疲れ目や肩こりなどの原因となっていることがあります。簡単な検査で診断でき、手術によって症状の改善が期待できる病気です。

斜視手術は、局所麻酔・小切開・日帰り・30分~約1時間で安全に行えます。「目が疲れやすい」、「見た目が気になる」、という方は、斜視が関係している可能性がありますので、ぜひ診察をお受けください。

専門分野である近視や斜視だけではなく、すべての眼の不調や病気に対して、丁寧な診療を心がけておりますので、どんな事でも遠慮なくご相談ください。月1回、第2金曜日のみの診療となりますが、どうぞよろしくお願いいたします。